Tuesday, June 25, 2013

取り柄のない親が時間軸の旅で君に与えられる最高のもの

生き方がかっこ悪くても,何度もくたばりそうになっても、
起き上がってやる、そんなしぶとさを、見せてやるのが,
親の務めだ。
生きる欲望や喜びが萎えた親など、最初からいない方がいいくらいだから。
つまらない常識や世間体に踊らされる操り人形のような人間には、させたくないから。
自分の責任で生きる、それが一番自由だから。
妥協することなく、この時を楽しもう、我慢して後回しにした時間は腐りやすいからね。


No comments: