Friday, October 4, 2013

50代で手を引くもの

自分の為の50代で手を引くものリスト。

テレビ
人生の時間を奪う最も危険で、無意味な広告媒体。

イケア
合板やチップウッド加工の寄せ集めで、見てくれだけグッドデザイン。
お金が無いのに見栄をはりたがる、ファミリー向け商品。
中古品でもいいので、本物の木材仕様の家具の臭い、感触を大事にしたい。


ファミレス
レンジ系冷凍食品の簡易定食屋。
ファミレスに年10回行くなら、仕込みから携わるシェフや調理人のいる店に年3回行くのが
いい。

カップ麺( 超加工インスタント食品 レンジ系食品)
将来、高血圧、脳梗塞起こすリスク高く、消化器系にも負担。
五体満足で死にたいならやめるべき。

スマートフォン
無意味な情報に踊らされるのは、パソコンの前だけでいい。
ナビゲーションも必要ない。地理感覚は自分の頭脳を使う。
ビルゲイツのような起業家でないなら、外で多量のメールチェックは人生の無駄。
路上で立ち止まりスマートフォン操作している人は、多量の情報に接しているが、
すぐ真後ろに接近している危険人物、車や自転車の情報は得られていない。
五感で楽しむ旅も半減する。

10年以上の長期ローン契約
定年退職後もローンが残るような生活は危険。

クレジットカード依存

発泡酒
歳をとるごとに不味さに身が震える。

車依存
純粋に運転そのものを楽しめるなら問題ない。
ステイタス良く見られたい為乗るなら、勘違いだし、東洋系のジジイが
ハイソな車乗っていても、誰もステイタスの高い人だとは思わない。
週末の昼下がりに渋滞で5キロの距離を30分かけてドライブする状況は老い先限りのある
50代には本当に無駄な時間。街でアンティークなスポーツサイクルに乗っている60代くらいの
人を見かけるが、自分の生活を大切に楽しんでいるようで、カッコいい。







No comments: