Monday, March 11, 2013

読書

真面目に読書に集中する為に、車で多摩川土手の無料駐車場へいく。とりわけ寒い季節サンルームと化した車内で誰にも邪魔されずに読書するのは、何とも贅沢な時間。読書には
この小さな空間が丁度いい。
本を読むという行為は、やはりプライベート空間が欲しい。図書館では周りの人の気配
や視線が気になるし、リラックスして読めるような環境ではないし、自宅は子供であったり、妻であったり、電話であったり、集聴力を削ぐものが多すぎる。車のリクライニングシートを倒して本を読めば、車外を通り過ぎる人の視線など入らなくなる。目が疲れれば
外に出て河川地域の広大な空と対岸へ目を向ければリフレッシュも絶大。
香り高いコーヒーを飲みたくなれば、近場のスタバでドライブスルーできる。
車は最高のリーディングルームだ。と僕は実感している。